千葉県茂原市 医療法人社団 上総会 山之内病院 | リハビリテーション科

教育職場環境・スタッフ

プリセプター制度

目的
①新人(プリセプティー)の職場適応と医療人としての自覚向上
②先輩(プリセプター)の自己研鑽と自己の成長
 
ページトップへ

新人教育

図1.png

プリセプター / プリセプティー対談①

小川:山之内で働いてから、それぞれ数年経ちますが、どうですか?私はリハビリ職っていう事だけでなく、社会人としての責任を感じます。

石井:毎日勉強です。リハビリの知識や技術だけでなく、命の重さや人と人との関わり、社会人としての姿勢等、たくさんあります。でもとてもやりがいを感じます。

高橋:自分の課題を痛感する事もあります。しかしその中でも先輩方に教えて頂き、相手への声かけ、自分の行動が大切と言うことも学びます。

石井:周りの先輩と共通の認識がもてるようになることから、業務効率化を図ることができます。何より、お互いが成長できるのではないでしょうか。

高橋:情報を共有することで自分自身の考えを整理できます。また日々の仕事でもアドバイスが下さるので、心強いです。

小川:スタッフ皆で支援しますので、笑顔で働けるよう、患者様が笑顔で過ごせる様、一緒に学び、成長していきましょう。
 
プリセプター / プリセプティー対談②

中山:理学療法士の資格は持っていても、最初は患者様に対して何が出来るのか、手探り状態でした。ですが先輩方に助言をもらいながら、患者様と関わることで、自分の中でのリハビリテーションの幅も何倍にも広がりましたし、私生活をとり囲むモノの視点を変えることで、リハビリテーションに繋がる可能性があるという考えにも感銘を受けました。

上篭:入職当初は、理学療法士としても一人の社会人としても未熟さを感じました。先輩方から見ること・聞くことすべてが学びでした。また、報告・連絡・相談や患者様との接し方等の当たり前のことの重大さを改めて感じることが出来ました。

中山:私もこの間まで同じ境遇であったので、指導とまでは及ばないですが、自分の体験談などを加え、一緒に考えながら物事に向き合うことで、少しでも援助が出来たらと考えています。
よろしくお願いします。

上篭:プリセプター、プリセプティー制度もあり、より相談も密にできアドバイスも頂けるのでありがたいですし、とても連携の良さを感じています。


スタッフ一覧はこちら

ページトップへ

研究業績

運動器系
○通所リハにおける転倒予防を検討する~二重課題施行によるバランス能力への効果~
船橋 康太・三好 主晃(第18 回千葉県理学療法士学会)
○下肢整形疾患患者における、立位時圧分布中心のコントロールと歩行速度の比較
    中山 泰貴・三好 主晃(第18 回千葉県理学療法士学会)
○整形外科系疾患を抱えた対象における疼痛遷延期間と破局的思考の関係
中山 泰貴・三好 主晃・片岡 美和子・船橋康太(第19 回千葉県理学療法士学会)
基礎系
○当院におけるインシデント・アクシデントに対する取り組み
    村井 里紗・三好 主晃・片岡 美和子・武田 美幸(第18 回千葉県理学療法士学会)
○当院の外来リハビリテーション対象患者のバイタルサインと性別、疾患別との関連性
    村井 里紗・三好 主晃・片岡 美和子(第19回千葉県理学療法士学会)
○監視の有無による作業効率への影響
    水野 健太郎・三好 主晃・片岡 美和子(第19回千葉県理学療法士学会)
○車椅子ブレーキの長さの違いによる主観的評価と上肢長・筋力の関係
    菊池 佑馬・三好 主晃・片岡 美和子・船橋 康太(第19回千葉県理学療法士学会)
○病棟内歩行自立度評価について‐歩行機能評価表を用いての関連性に対する検討-
    松崎 純・三好 主晃・片岡 美和子(第19回千葉県理学療法士学会)
○高齢者の自立度判定に30-second chair-stand testは有効か‐Berg Balance Scaleとの比較‐
    朝生 尚吾・三好 主晃・片岡 美和子(第20回千葉県理学療法士学会)
生活支援系
○当院周囲地区の横断歩道における基本調査
水野 健太郎・三好 主晃(第18 回千葉県理学療法士学会)
○当院外来リハビリテーション対象者の外出頻度について-外出頻度の関連要因を探る-
    片岡 美和子・三好 主晃(リハビリテーション・ケア合同研究大会 千葉2013)
○当院周辺地域における理学療法士の認知度と身体異常を有した際の対処方法との関連性
    富樫 遼太郎・三好 主晃・片岡 美和子・上篭 哲也(第19回千葉県理学療法士学会)
○当院地域における「生活範囲の広がり」と「できる・しているADL」~関わりの意義~
    中山 泰貴・三好 主晃・片岡 美和子(第20回千葉県理学療法士学会)
○地域とつながる回復期~各施設の取り組みと課題~患者様の夢を実現する為に・・・
  当院に、今、出来ること-
    片岡 美和子(千葉県回復期リハビリテーション連携の会 第5回全県大会 PT部会)
内部障害系
○透析患者のドライウエイト量の違いによる主観的疲労度と軌跡長の相関について
上篭 哲也・三好 主晃(第18 回千葉県理学療法士学会)
中枢神経系
○当院作業療法の脳卒中患者における自動車運転に関する調査-運転再獲得を目指して-
    武田 美幸・三好 主晃(リハビリテーション・ケア合同研究大会 千葉2013)
○自己身体能力と身体能力認識が及ぼす杖の必要性の捉え方
    上篭 哲也・三好 主晃・片岡 美和子・船橋康太(第19 回千葉県理学療法士学会)
○スリング装着下での静止立位及び片脚立位のバランスへの影響-重心動揺に着目して-
    伊藤 星・三好 主晃・片岡 美和子・船橋 康太(第19 回千葉県理学療法士学会)
○ごわごわした手が軽くなるように-パソコン操作における麻痺側上肢の参加を目指して-
    小川 真紀・武田 美幸(第26回活動分析研究大会)
その他
○外来患者におけるホームエクササイズについて-患者とセラピストの見解の差を考える-
    片岡 美和子・三好 主晃(第21回研究大会in金沢)
○通所リハビリテーションにおける在宅要介護高齢者に対する災害時の関わり方の検討
    船橋 康太・三好 主晃(リハビリテーション・ケア合同研究大会 千葉2013)
○リハビリテーション満足度調査による現状把握と今後の取り組み
    友岡 良輔・三好 主晃・片岡 美和子・船橋 康太(第19回千葉県理学療法士学会)
○当院におけるリスクに対する各個人の不安度とインシデント・アクシデントの関連性
    合津 綾香・三好 主晃・片岡 美和子(第19回千葉県理学療法士学会)

ページトップへ

勉強会実績

 当院の勉強会について

当院では、患者様のニーズに応えるべく、リハビリテーション科スタッフの知識・技術の向上を目的とし、定期的に勉強会(院内スタッフを講師として行う勉強会、外部より講師を招いて行う特別講義、院外研修会参加後に研修内容の報告を行う伝達講習会、症例についての発表・検討を行う症例検討会)等を実施しております。
また、病院全体として行う、感染対策研修会・医療安全研修会等への参加もしております。

平成25年度リハビリテーション勉強会一覧

過去の一覧はこちら

4月 1・2日:新人教育プログラム(総論)
3日:新人教育プログラム(接遇・マナー)
   フォローアップ研修(接遇・マナー)
4日:新人教育プログラム(業務内容)
5日:新人教育プログラム(医療安全・感染対策)
   フォローアップ研修(医療安全・感染対策)
12日:回復期リハビリテーション病棟研修会
12日:コミュニケーション
    回復期リハビリテーション病棟 勉強会 多職種間連携
25日:5Sについて
症例検討会(以下 症例発表タイトル)
・歩行の安定性向上~体幹及び非麻痺側下肢に着眼して~
・歩行能力向上を目指して~全然大丈夫だったよ~
・下肢巧緻性向上に繋げるジョギング動作
・“食べたい”と思えるように~食事に興味がない症例~
・貸してみな!自動的な行動の増加を目指して
・立ち上がり動作~ベッド周辺動作拡大を目指して~
・ゼリー摂食訓練に繋げるためのアプローチの検討
PT:キネシオテーピングについて
OT:肩関節の評価について
5月 1日:診療報酬点数について
10日:危機予知トレーニング
21日:OSCE①
24日:OSCE②
27日:院外講師:呼吸器勉強会
症例検討会(以下 症例発表タイトル)
・車椅子自走獲得を目指して
・より安全な立ち上がり動作獲得
・肺気腫への関わり~胸郭可動性をkey pointにした治療~
・ゼリーとお茶を摂取する~経口摂取を目標とし、生活リズムを整える~
・歩行安定性向上を目指して ~痛みなく歩くには~
・安全な経口摂取への移行を目指して
・足底接地させ立位を促して
PT:スタンダードプリコ―ションについて
OT:FIMについて
6月 21日:地域包括ケアシステム ICFの考え方
29日:院外講師:呼吸器勉強会
28日:症例検討会(以下 症例発表タイトル)
・端座位姿勢改善を目指した アプローチ
・楽に洋服が着れる~ 前開きジャージに合わせた身体反応の獲得~
・移乗動作の介助量軽減を目指して
・呼吸機能の向上と 立ち上がり・移乗動作
・応用歩行獲得に向けて ~歩行安定性向上するには~
・安全で安定した食事摂取を目指して
・着座に着目して
PT:姿勢抑制について
OT:OTとしての専門性
7月 3日:スタンダート・プリコ―ション
10日:移乗方法・口腔ケア・基本的介助方法①
17日:移乗方法・口腔ケア・基本的介助方法②
Webカンファレンス(医療安全について)
22日:院外講師:呼吸器勉強会
メンタルヘルスケア
症例検討会(以下 症例発表タイトル)
・自転車操作の獲得を目指す症例
・右上肢機能改善を目指して ~無理なく右手を使いたい~
・右膝が痛い~左足に力が入らない~
・麻痺側を知ろう
・エアーマットでの起き上がり自立へ向けて
・歩行安定性の向上 ~不整地歩行獲得に向けて~
・嚥下機能の向上を目指して
PT:呼吸介助を実施するための基礎知識
8月 9日:住環境整備、福祉用具・補装具の活用/介護保険
20日:FIM勉強会①
27日:FIM勉強会②
症例検討会(以下 症例発表タイトル)
・安定した車椅子座位獲得を目指して
・今後のADL動作拡大の為に~ 車椅子座位を獲得する~
・床上動作獲得を目指して
・意識レベルと体動の改善を目指して
・歩行安定性の向上 ~足部に着目して~
PT:呼吸疾患聴診・打診について
9月 11日:院外講師:呼吸器勉強会
13日:ADL評価と治療~FIMを中心に~
17日:回復期リハビリ―テーション事業報告会
18日:防災時の対応について
20日:褥瘡について
25日:接遇&マナー研修
症例検討会 (以下 症例発表タイトル)
・入院時と退院後のADL動作の比較
・Weight control ~代謝異常と運動負荷量をkey pointとした治療~
・座ること・歩くこと ~体幹・骨盤に着目して~
PT:下肢の触診
OT:接遇・マナーについて、PDCAサイクル・記録について
10月 ワクチン接種について
17日:口腔ケア①
18日:コメディカルにおける吸引
24日:口腔ケア②
症例検討会 (以下 症例発表タイトル)
・「楽な姿勢で食べれるようになりたい」
・歩行能力向上 ~座位・立位アライメントに着目して~
・腰椎圧迫骨折 ~移乗動作に着目して~
PT:運動器スペシャリストの伝達講習
11月 8日:価値ある介入を行うために―ゴール設定、多職種・地域連携の再考―
8日:回復期リハビリテーション事業報告会
27日:医療におけるリスクマネジメント
症例検討会 (以下 症例発表タイトル)
・“移る”
・起き上がり動作の獲得を目指して ~肩甲帯と上肢に着目して~
・車椅子用トイレでの下衣操作に着目
・歩行安定性向上を目指して
・上肢機能向上を目指して
・起居動作能力の獲得を目指した延髄梗塞を呈する症例
PT:運動処方について
12月 4日:院外講師:呼吸器勉強会
18日:医療安全で大切なこと
webカンファレンス
25日:患者誤認
PT:肩関節について
1月 6日:PT・OT合同勉強会
17日:緊急時の対応
22日:コミュニケーションのあり方
28日:OSCE③
29日:OSCE④
症例検討会 (以下 症例発表タイトル)
・車椅子座位での食事動作獲得を目指して
・小脳梗塞を呈した症例の歩行機能に着目して
・寝返り・起き上り動作介助量軽減を目指して
PT:実習指導について
OT:実習指導について
2月 ベッドの有効利用-看護・介護する皆様の身体的負担の軽減を目指して-
Webカンファレンス~2014年度診療報酬改定の狙いとポイント~
13日:緊急時の対応について①
21日:院外講師:呼吸器勉強会
26日:感染対策~ノロウイルスについて~
症例検討会 (以下 症例発表タイトル)
・トロミがない水が飲みたい
・久しぶりに外に行きたい~標準型車椅子乗車獲得を目指して~
・起きるのが怖い
・自宅退院を目指して ~歩行動作に着目して~
PT:腰部疾患について
3月 14日:緊急時初期対応・BLSについて②
PT:姿勢評価について
入職者研修


閉じる
ページトップへ

参加実績

職種 講習会名 講習会会場
PT 高脂血症について 千葉
ST び慢性軸策損傷後遺症による構音障害を呈した一症例 千葉
ST 伝導失語症を呈した一症例 千葉
PT ボバース全国研修会 大阪
PT テーピングについて 千葉
ST 日本リハビリテーションネットワーク研究会 東京
ST 高次機能障害者のトイレ訓練への関り 千葉
PT ドイツ徒手医学   セミナー 東京
ST 臨床に直結する嚥下障害の実践セミナー partⅡ 東京
PT 性差医療への対応 千葉
ST 標準ディサースリア検査講習会 愛知
ST STのためのインフォメーション講習会 大阪
PT 静岡呼吸リハビリテーション研究会 静岡
PT,ST ボバース関東ブロック研修会 群馬
PT IPNFA国際認定講習会 東京
PT 呼吸理学療法の実際 大阪
PT 車椅子のオーダリングについて 千葉
ST ディサースリア治療セミナー 名古屋
PT,OT,ST 活動分析研究大会 山梨
ST 日本言語聴覚士協会 総会・日本言語聴覚学会 埼玉
OT 日本作業療法学会 茨城
ST 全体構造法研修会(失語症のリハビリテーション) 東京
PT 肺理学療法の実際 長野
PT 肩の運動機能研修会 東京
PT ヒューマンムーブメント講習会 三重
PT 糖尿病講習会 神奈川
PT ヒューマンムーブメント講習会 山梨
PT 成人片麻痺基礎講習会 東京
ST JIST全国研究大会、JIST初級講習会 静岡
OT 環境適応講習会コース 山梨
PT インフォメーション講習会 大阪
PT 筋触察セミナー 東京
OT 北海道環境適応講習会 北海道
PT ヒューマンムーブメントコース 北海道
PT 小児ボバースインフォメーション講習会 東京
PT,OT,ST 関西看護ケア研究会   ~胸部画像診断の基礎~ 東京
PT 日本ボバース研究会 全国研修会 大阪
PT インフォメーション講習会 兵庫
PT 日本心臓リハビリテーション学会 大阪
OT 片麻痺回復のための運動療法(川平法を用いた上肢・手指のアプローチ) 千葉
OT,ST 高次脳機能障害の評価と支援の手ががり 千葉
OT CVA時期別OT講習会 山梨
PT 兵庫心臓リハビリテーション研究会 神戸
ST 摂食・嚥下障害へのアプローチ 名古屋
PT 訪問リハビリテーション管理者研修会 東京
PT 足関節からみた運動連鎖 宮城
PT 臨床実習指導者研修会 大阪
PT 臨床実習指導者研修会 静岡
ST 日本言語聴覚士学会 埼玉
PT ボバースコンセプトによる24時間管理 福井
PT,OT,ST 訪問リハビリテーション実務者研修会 千葉
OT 日本ボバース研究会北陸ブロック研究会 富山
PT 全国回復期リハビリテーション連絡協議会 京都
ST 国際治研セミナー嚥下障害 基礎・入門編 大阪
 その他、200以上の講習会参加実績あり 

 

ページトップへ